糖尿病の食事療法

糖尿病を罹患してしまうと、尋常でない食事制限を行なわなければならないと予想する患者さんがたくさんだと思います。しかし、糖尿病に患ったからといって、食べてはいけないものは何ひとつありません。

「食事療法」といっても特殊な献立があるわけではなく、食品の栄養バランスと体に取り込むエネルギーの量を考慮することが肝心になります。この食事療法の考えは、糖尿病患者さんのみが守らないといけないというものではなく、本当は健常者の人でも考えて食事しないといけません。

栄養バランスと総カロリー量を考えた食事とは?

たんぱく質・炭水化物・脂質の人体の3大栄養素をバランスよく摂取し、ビタミン・ミネラルもしっかり補給することが、糖尿病の『食事療法』です。わかりやすい方法は、あなたが1日に必要なエネルギー量を医師に指示してもらいます。

それから、実際に食品を選ぶ時はアマゾンでも買える「糖尿病食事療法のための食品交換表がよく使われます。食品交換表では、日頃食べているいろいろな食品が「80カロリーの分量=1単位」として、栄養素別(5グループ+調味料)に表記されています。例をあげると、ご飯1/2杯、りんご(中程度)、鯛の切り身ひと切れ(80g)などは全て1単位です。

医師から指示されている1日の総カロリー量が1600カロリーの時は、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素が偏らないように食品交換表から選択することが大事です。食品交換表には、代表的な外食メニューも掲載されています。

『糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版』をアマゾンで見てみる

やはり食事制限の食事を作るのは大変!?

でも、実際に食品交換表を片手に、カロリーを電卓で計算しながら調理するのは骨が折れる作業です。どなたか家族の方で料理を作ってくれるのであれば問題ありませんが、お一人暮らしとなると、もうお手上げです。

そんな困難な状況を脱するためには糖尿病の食事療法に特化した冷凍弁当を全国通販で宅配してくれる宅食サービスを利用するのがベストな選択です!

全国にたくさんある食事宅配サービスの中でも、安心安全なおすすめの会社をランキングで紹介します。しっかりとご覧になってください。

 
糖尿病食事宅配口コミ


糖尿病の方にとって望ましい食事とは?

糖尿病の方にとっての食事療法の主目的は、日々の食事内容をコントロールして、インスリンを分泌してくれる膵臓の負担を減らすことです。怖い合併症を起こさない為にも適切な食事療法を習慣化しましょう!


糖尿病食事療法とは?

残念ながら現在においても糖尿病を根本的に完治させるような治療法はありません。その為、糖尿病治療の重点はいかに合併症の発症を予防するかにおかれています。

一般的に病気の治療は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」の三本柱で構成されていますが、特に糖尿病治療に関しては「食事療法」が最も重要であり治療効果を上げる為の大切なカギになっています。

糖尿病はインスリンの欠乏に起因する病気です。インスリンの不足によって食事で体内に取り込まれたブドウ糖などの栄養素が活用できなくなり身体の細胞が栄養失調状態になります。

反面、行き場を失ったブドウ糖は増加を続けて血液中に放出されます。まさに、この状態が高血糖であり、その状況が続くと様々な恐ろしい合併症の発症リスクが急激に高まります。

このような悪い流れを強力に抑制する為には、まず日々の適正な摂取カロリーを厳守すると同時に各種ビタミン、ミネラルなどを過不足なく取り込めるようバランスの良い食事内容に切り替えていくこと。これこそが糖尿病における食事療法と言えます。

食事療法を毎日きっちりと実行できれば、間違いなく良好な血糖値をキープすることが可能ですし、合併症を心配することもありません。

要するに以前の偏食などによる片寄った食事習慣を改めて、一日の決められた摂取カロリーを守り、三大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂質の必要量をバランスよく取ったうえで、各種ビタミン・ミネラルの摂取にも気を付けるなど健康的で理想的な食事を習慣化します。

 

糖尿病食の調理で気を付けること

基本的に糖尿病食はカロリーを低く抑えた食事メニューです。肥満を改善することでインスリンの働きを良くする訳です。確かに継続すれば非常に効果が期待出来るのですが、日々の食事を調理する側からすればカロリー計算が非常に面倒で手間が掛かるのが難点です。

また患者さん本人にとっては、やはり摂取カロリーが制限されている点でどうしても食事のボリュームが少なくなってしまって満足感が得られにくいことでしょうか? 継続が難しいのは、この二つの理由が大きいと思います。

では次の3点を意識して調理してみては如何でしょうか?

(1)少しでもカロリーを抑えた調理方法を工夫する

フライパンを使用して料理するよりも少ないサラダ油で料理が可能な電子レンジを充分に活用してみる。更に蒸し料理もカロリー削減効果の高い調理法なので大いに取り入れるように工夫すれば良いでしょう。

(2)調味料の計量もきっちりと!

糖尿病や高血圧予防の為にも常に薄味を心掛ける必要があります。味付けが濃くなると、つい食が進んでご飯を食べ過ぎてしまうという副作用が出ます。

また少量とは言っても調味料にもカロリーはありますし、毎日のことですからカロリーを削減するに越したことはありません。

(3)複数日のカロリー平均で献立を考えてみる

例えばカロリーが高いから「揚げ物」は絶対にダメ!と最初からメニューより除外してしまうと作る側の献立レパートリーも減って窮屈になり、食べる方も「揚げ物」がなくなれば食べる楽しみも減ってしまってお互いが不幸ですよね?

ですから3~4日単位での平均カロリーで見て適正カロリーの範囲に収まっていれば良しとしましょう!そうすれば「揚げ物」を出した翌日や翌々日のカロリーを抑え気味にすることでクリア出来ますから。

 

糖質制限の調理は難しい?

糖質制限食と聞くと「主食(米や麺類、パンなど)を抜いて、おかずだけを食べる食事」という概念を抱いている方も多いのではないでしょうか? 糖質制限とは簡単に言えば「血糖値を上げない食品を食べる」ことです。

血糖値を下げるために望ましくない食品

  • 米・パン・麺類・パスタ・トウモロコシ・シリアルなど
  • 根菜類(サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ、レンコン、ニンジン、ゴボウなど)
  • 果物(バナナ、リンゴ、ブドウ、カキ、パイナップル、ナシ、マンゴなど)
  • 調味料(ケチャップ、ソースなど)
  • 揚げ物(トンカツ、天ぷら、コロッケなど)
  • お菓子類

これだけの食材が使用制限されてしまうと、非常に調理する上でストレスを感じます。食べる側としても食べたいものが食べられないという不満がずっと続くのは辛いものです。そんな場合には代替策を考えてみましょう。

例えばパンや麺類が食べたい時などは、食物繊維(小麦ふすまなど)を使用した低糖質のパン類や豆腐やコンニャクイモを原料とした麺類も販売されているので利用してみるのも良いでしょう。

残念なことに甘い果物のほとんどには糖質がかなり含まれていますから控えた方が無難ですね。また清涼飲料水のコーラなども同様にNGです。

また家庭で糖質制限を意識し過ぎると、極端に糖質をカットしてしまって逆に体調不良を起こしたり、筋肉量が落ちたりとデメリットが現れます。

バランス良く糖質も摂取すると同時に糖質の吸収を穏やかにする作用が期待できる食物繊維を並行して取るようにしてください。無理な糖質制限は百害あって一利なしと認識すべきです。


家族の負担を減らす宅配食サービス

糖尿病の患者さんを家族に抱える家庭の主婦にとって毎日の糖尿病食の準備は他の人には想像出来ないような苦労の連続だと思います。

  • 「慣れないカロリー計算や食材の選定に栄養バランスの管理が大変!
  • 「患者用と家族用の別メニューを毎日調理しないといけないのが負担!
  • 「どうしてもメニューや食材、味付けがマンネリ化してしまって飽きてしまう
  • 「患者さんも自分たちも以前のように食事を楽しむ余裕がなくなった

ただでさえ選択肢が限られる食材選びで、更に好き嫌いまで考慮しないといけないのですから大変です。

特に共働きされているような場合は、時間的な制約もある中での作業になりますから、精神的にも肉体的にも疲れ切ってぐったりとされている方も多いのではないでしょうか? 

仕事のように毎週休みがある訳でもなく、食事の準備だけは毎日延々と続くのですから休む暇もありませんね。

これだけ苦労して作っているのに「物足りない!」とか「薄味すぎて美味しくない!」とか「満足感が得られない!」とか。感謝もされず本当にやり切れません。報われませんよね? その気持ちはよく理解出来ます。

そんな時に解決策として「糖尿病の宅配食サービス」を活用してみるのも良いかも知れません。 実際のメニュー内容とか味やボリュームなど試食してみないと分かりませんから試しに一日に一食だけ置換えるとして、一週間分(7食分)を食べて判断してみても損はありません。

 

なぜ糖尿病宅配食がおすすめなのか?

「薄味すぎて味気ない食事」というのが糖尿病患者さん向けの食事全般に対してのイメージでしたが、この糖尿病宅配食はひと味もふた味も違います!

出汁にこだわり、香辛料や調理方法にまで工夫をこらして一品一品大切に手作りで仕上げています。従来の宅配食への認識を変えてくださいね。

一応は「糖尿病宅配食」と銘打っているのですが、メニュー内容自体は普通の健康な人が生活習慣病の予防食として食べて頂いても充分に美味しく満足して頂ける内容になっています。実際にそのような目的で宅配食を利用している方も多くいらっしゃいます。

プロの管理栄養士さんが糖尿病の方向けに特化したカロリー計算に基づいて調理されています。

当然ながら、カロリーも栄養バランスも全て考慮した上で仕上げられていますから安心してお召し上がり頂けます。宅配食だからと馬鹿にはできません。

またすべて調理済の料理を完全冷凍した状態で宅配されますから、冷凍室内で最長3カ月は保存が可能です。栄養バランスにも充分に留意して毎食10品目以上の食材が使用されています。もはや宅配食のレベルを超えています。

もう毎日の面倒なカロリー計算や食材調達から調理に至るまで悩む必要はありません。すべてプロにお任せです!メニュー内容もバリエーション豊富ですから飽きる事もありません。

しかも見た目の美しさにもこだわっていますから毎日、食事を楽しんで頂けます。もし今でも宅配食は美味しくないとのイメージをお持ちでしたらこの機会に是非試してみてください。

ページの先頭へ