糖尿病性腎症の食事


食事というのは生きるのに必要な行動であり、また美味しいものを食べるのが好きという食を趣味にする方などたくさんいらっしゃいます。

しかし、時に食事は人体に害になってしまうこともあります。そのひとつの例として「病気の患者さんに対する食事」ということがあります。糖尿病・腎臓病・肝臓病などの病になっている方などは、その病気を悪化させないような食事作りをする必要性があります。

ただ、その食事作りというのも病気によって細かく制限されているため作るのが大変であり、家庭で作るということもなかなか難しいものです。

糖尿病性腎症という病気に焦点を当てて「どういった食事が好ましいのか」、また「簡単に食事を用意する方法はあるのか」ということについてご紹介していきます。

糖尿病性腎症の方にふさわしい食事

では、糖尿病性腎症の方にはどういった食事がふさわしいのか、また糖尿病の食事とはどういった点が異なるのかを見てみましょう。

まず糖尿病成人症にはステージが5段階に分けられており、第1期から第5期までの区分となります。

第1期から第2期にかけては基本的には糖尿病の食事が基本となっているため糖尿病の時と同じ食事制限になります。

ただ、第2期の末期から第5期にかけては、糖尿病とは異なり、糖尿病性腎症独自の食事制限が必要となります。その異なる点は、糖尿病性腎症の第二期の末期から第3期は「タンパク質の制限が必要」であり、第4期から第5期にかけては「水分制限」などの必要性も出てくる点です。ではなぜタンパク質の制限が必要なのでしょうか?

健康な方であれば普段色んな食事ができますが、その食事の中でも特に重要となり多く摂取される栄養素が、三大栄養素と呼ばれる「脂質」「タンパク質」「糖質」になります。

これらは体を作ったり、動かすためのエネルギーとして必要な栄養素になりますがその中の脂質と糖質はエネルギーとして燃焼された後は腎臓を介さずに体外へと排出されます。

しかしタンパク質に限っては利用された後は体に老廃物として残り、腎臓を介して排出しない限り体に居座り続けることになってしまいます。

老廃物を排出できないとどうなるのかというと、その結果高血圧や尿毒症、さらに危険なものであれば心不全などを引き起こす可能性に繋がります。

また、ダメージはあるものの腎臓による排出はできるという場合でも、腎症の悪化に拍車がかかりますよね。糖尿病性腎症の食事は糖尿病の食事からさらにタンパク質を制限したものになるということです。

糖尿病腎症の制限食を手間なく用意する方法

糖尿病腎症の食事について、タンパク質を制限する必要があることは説明しましたが、実際に食事を用意するのが簡単かというとそうではありません。

タンパク質を制限するということはカロリー全体が減ってしまうということになるため他の脂質や糖質でカロリーを補う必要があるということです。

タンパク質を制限しても、カロリー不足になってしまうと体のタンパク質を分解することになるため意味がなくなってしまいます。

また、カロリー自体も一日の摂取量が常人と比べて低くなっているため、一回の食事を「様々な制限がありつつも必要な栄養素は取り入れ、なおかつ本人が満足できるもの」にする必要があります。

食事は一日3回あり、一か月には90回もあるため1回1回の食事が似たようなものばかりでは本人も飽きてしまいますよね。

ここでおすすめできる食事の用意方法が「ウェルネスダイニング」というものです。1回1回の食事を毎回考えるのはとても大変なことであり、家庭で作るとしても頭を悩ませるものになるでしょう。

さらに何かの手違いや勘違いで食事内容を間違えてしまうという危険性も考えられます。その点、宅配食を利用することによって「毎日のメニューに悩むことがなくなる」「安心して食事を楽しめる」など多くのメリットを手にすることができます。

糖尿病腎症の食事のまとめ

以上が糖尿病性腎症の食事についてですが、食事制限が必要であることや糖尿病との食事制限の違いなどを知ることはとても重要なことです。

また、「実際に食事を作る」ということはとても難しいことであり、場合によっては他のサービスなどを利用したほうが良いということもあります。

糖尿病性腎症の方の食事について悩んでいる方、いつか間違った食事を出してしまうのではないかと不安な方は、選択の1つとして「ウェルネスダイニング」を利用してみるということも検討してみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ