糖尿病を予防する食事とは?

腎臓病予防

摂取カロリーを把握して糖尿病を予防

糖尿病を予防するため、まずは食事の「質」を向上させることが重要です。食事の質を向上させるためには、まずは自分に適した栄養バランスを考え、1日に必要な摂取カロリーを理解することが大切です。

男性が必要とする1日の摂取カロリーは1,600Kcal~2,000Kcalほど、女性であれば1,400Kcal~1,800Kcalが目安となります。

1日に必要となる摂取カロリーを知ることは、糖尿病を引き起こす「肥満」を予防する事にも繋がります。糖尿病を予防するための食事は、摂取カロリーを守ることが基本となりますので、まずは1日に必要な摂取カロリーをしっかりと理解しておきましょう。

糖尿病を予防する食事のバランス

1日に必要な摂取カロリーがわかりましたら、次は食事のバランスに注目してみましょう。「食事のバランス」を守ることは「栄養バランス」を維持することに繋がります。

炭水化物となる白米やパン、麺類は控えめにし、適度に魚や肉などのタンパク質を摂りましょう。

また、調理法にもポイントがあり「揚げもの」よりも「焼きもの」を、「焼きもの」よりも「茹でもの」がおすすめです。

食物繊維は食事のはじめに

糖尿病を予防するためには、野菜中心の食事を摂ることが大切です。たくさんの食物繊維を摂取すると、血糖値の急激な上昇を抑えることができますので、糖尿病を予防するのには最適な食材です。

特に食事の始まりに野菜を食べるようにすると、タンパク質や糖質の消化吸収が緩やかになりますので、たくさんの野菜を食べてから主食やおかずを食べるようにしましょう。

食事は1日3回を基本に

食事は1日3回、活動に合わせて「朝・昼・晩」を基本に摂るようにしましょう。また、食事を摂る時には摂取カロリーにも注意が必要です。

例えば、朝に400kcal、昼に600kcal、夜に800kcalといったように、上記でも説明した1日の摂取カロリーを参考にして振り分けてみましょう。

糖尿病を予防する食事のとり方

食事のとり方にも注意してみましょう。食事の1回量は腹八分目を目安に、食べすぎることのないようにしましょう。

一度の食事の量が多すぎると肥満を招いてします。例え、朝・昼と食事を抜いたとしても、夜に一気に食事の量を増やしてしまうと、急激な血糖値の上昇にも繋がってしまうのです。

暴飲暴食を避けて健康的な食生活を

以上のように、糖尿病を予防するためには「摂取カロリー」や「栄養バランス」、「食事の回数」を意識する必要があるのですが、実はそんなに難しいことではありません。

暴飲・暴食を避け、基本的な食事を維持していれば、すでに糖尿病を予防する食事ができているのです。

まずは自分の生活スタイルを見直し、健康的な食生活のスタイルに移行するようにしましょう。